支援金詐欺でLINEを教えてしまった、どこに相談すべき?-手口から対処法まで徹底解説-

2024年現在、支援金詐欺の被害が数多く報告されています。

「支援金詐欺の手口ってどんな感じ?」
「支援金詐欺に騙された場合の対処法どうすればいい?」

上記のような疑問や悩みを持っているという人が多いのではないでしょうか。

当記事では、支援金詐欺の手口や対策、騙された場合の対処法を解説します。

最後まで読むことで、支援金詐欺について深く理解することができるだけでなく、万が一の事態が起きても対処法に沿って行動することで被害を最小限に抑えることができるでしょう

そもそも支援金詐欺とは?

支援金詐欺とは、被害者に対して非実在の支援金、補助金、助成金などを提供すると偽り、金銭や個人情報を詐取する詐欺行為です。

この種の詐欺は、政府や慈善団体、あるいは他の信頼できる機関を装った詐欺師によって行われます。

被害者が簡単に大きな金額を受け取れるという虚偽の約束をし、手続きを進めるためには事前に手数料や登録料を支払う必要があると言います。

しかし、実際には約束された支援金は存在せず、被害者は手数料や登録料として支払った金銭を回収できないケースがほとんどです。

支援金詐欺の手口・流れ

支援金詐欺の手口・流れは以下の通りです。

最後まで読めば支援金詐欺の手口・流れがわかり、詐欺であるか見分けられるようになるでしょう。

SNSやメールで支援金詐欺サイトに誘導する

支援金詐欺の一般的な手口の一つは、SNSやメールを通じて詐欺サイトに誘導することです

詐欺師は、魅力的なメッセージや広告を使って、被害者を特定のウェブサイトに誘導します。

これらのメッセージには、「即座に支援金を受け取れる」「簡単な手続きで支援金が得られる」といった誇大広告が含まれることが多いです

一見すると合法的なサイトのように見えますが、これらは詐欺を目的とした偽のウェブサイトです。

被害者は、このような誘導によって、気づかぬうちに詐欺師の罠にはまることになります。

個人情報を回収する

支援金詐欺の流れの中で重要なのが、個人情報の回収です。

詐欺サイトに誘導された被害者は、支援金を受け取るために必要だと信じ込まされ、氏名、住所、連絡先、銀行口座情報などの個人情報を提供することが求められます。

個人情報の盗用は、金銭的詐欺や身元盗用、さらには他の詐欺行為へとつながる可能性があります。

被害者は、信頼できるソースからの確認なしに個人情報を提供することのリスクを理解する必要があります。

サクラを利用して支援金を支払わせる

最終段階では、詐欺師はサクラを利用して被害者に支援金を支払わせる手口を用います。

サクラは、支援金を受け取ったと偽り、他の被害者にその話を広める役割を担います。

これにより、被害者は支援金が実際に存在し、手に入るものだと信じ込むようになります。

詐欺師は、実際に支援金を受け取るための手数料や事務手続き費用と称して、被害者から金銭を詐取します。

しかし、実際には支援金は存在せず、被害者は金銭を失うだけでなく、個人情報も危険にさらされることになります。

支援金詐欺の種類・パターン

支援金詐欺の種類・パターンは以下の通りです。

最後まで読めば支援金詐欺の種類がわかり、騙されないようになるでしょう。

支援団体を騙るパターン

このパターンでは、詐欺師は実在するか、または架空の支援団体を騙ります。

彼らは、被害者に対して様々な支援プログラムや補助金があると偽ります。

詐欺メッセージには、緊急性や限定性を示唆する言葉が含まれ、被害者に迅速な行動を促します。

支援を受けるためには、手数料の支払いや個人情報の提供が必要だと主張されることが多いです。しかし、実際には、これらの支援プログラムは存在せず、被害者は手数料を支払っても何も受け取ることができません。

相続税対策と称して財産の受け取りを要求するパターン

この詐欺パターンでは、詐欺師は相続税対策を行うと称して被害者に接近します。

詐欺師は、大金を相続する権利が被害者にあると偽り、そのためには税金や手数料を支払う必要があると主張します。

被害者がこれらの費用を支払うと、さらに多額の税金や手数料を要求するというパターンが繰り返されます。

最終的には、被害者は支払った金銭を回収できず、大きな金銭的損失を被ります

緊急の医療費用の支援を求めるパターン

この詐欺パターンでは、詐欺師は医療費用の支援を求める緊急の状況を作り出します。

重病の家族や友人がいると主張し、医療費用の支援を被害者に要求します。

感情的に訴えかける物語や、偽の医療書類を利用して、被害者の同情を引き出します。

被害者は、人道的な理由から金銭を提供することが多いですが、提供されたお金は詐欺師の懐に入ります。

資産家を名乗る人物からの支援を約束するパターン

このパターンでは、詐欺師は資産家や高額の支援が可能な人物を自称します。被害者に対して、投資やプロジェクトへの資金援助を約束します。

詐欺師は支援を受けるためには初期の手数料や保証金の支払いが必要だと主張します。

このパターンでは、被害者は、大きな支援を得るために少額の投資をするという見返りを期待して、金銭を提供することが多いです。

しかし、一度手数料や保証金を支払うと、詐欺師はさらに追加の支払いを要求するか、あるいは全く連絡を取らなくなることが一般的です。

被害者は支払った金銭を回収できず、約束された支援も受け取ることができません。

支援金詐欺に騙されないための対策3選

支援金詐欺に騙されないための対策方法は以下の通りです。

最後まで読めば支援金詐欺の対策方法がわかり、支援金詐欺に遭う確率を減らせるでしょう。

寄付をする場合は第三者を経由しない

支援金詐欺に騙されないための一つの対策は、寄付や支援を行う際に第三者を通さないことです。

詐欺師は信頼できる仲介者や代理人を装い、寄付金を詐取しようとします。

寄付を考えている場合は、直接その団体やプロジェクトに寄付することが重要です。

公式ウェブサイトや信頼できるソースを通じて直接寄付を行うことで、お金が正しい場所に届くことを保証できます。

不審な第三者や未知の仲介者を通じて寄付を行うことは避けるべきです。

サイトのリンクを確認する

支援金詐欺を避けるためのもう一つの重要な対策は、ウェブサイトのリンクを慎重に確認することです。

詐欺サイトはしばしば、合法的なウェブサイトを模倣して作られていますが、URLやサイトの細部にはわずかな違いが存在します。

寄付や支援に関するリンクをクリックする前に、URLを慎重にチェックし、公式のウェブサイトかどうかを確認することが重要です。

また、安全な接続を示す「https」がURLの先頭にあるかどうかも確認しましょう。

前払いに警戒する

支援金詐欺から身を守るためには、前払いを求められた際には特に警戒することが不可欠です。

詐欺師は多くの場合、支援金を受け取るために初期費用や手数料、保証金として前払いを要求します。

しかし合法的な支援や寄付の場合、通常は事前に金銭を要求されることはありません。

したがって、支援金を受け取るために前払いが必要だと主張する人物や組織には注意が必要です。

支援金詐欺に騙されてしまった場合の対処法

支援金詐欺に騙されてしまった場合の対処法は以下の通りです。

最後まで読めば詐欺に騙された場合の対処法がわかり、万が一の時でも不必要に焦らずに済むでしょう。

金融機関に連絡する

支援金詐欺に騙された場合、最初に行うべき対処法の一つは、関連する金融機関に連絡を取ることです。

詐欺によって金銭が不正に引き出された場合、迅速な対応が重要です。

金融機関に連絡を取り、事情を説明し、不正な取引の停止や口座の凍結を依頼します。また、詐欺の詳細を提供し、金融機関が詐欺の調査や被害の回復に協力してくれる可能性があります。

警察に相談する

支援金詐欺の被害に遭った場合、警察に相談することも重要です。

被害の詳細を警察に報告し、詐欺師に関する情報(通信内容、取引記録、連絡先など)を提供することが重要です。

警察は、詐欺事件の捜査において、他の機関と協力して行動することが多く、被害者の権利保護や詐欺師の特定に努めます。

また所轄の警察署へ相談する以外にも、以下のような相談先があります。

警察相談専用電話:#9110
特殊詐欺対策ページ

詳しくは、ファーマ法律事務所公式サイト「投資詐欺に遭った際に警察に報告すべき?警察に動いてもらう対処法や事前対策も解説」をご覧ください。

弁護士に相談する

支援金詐欺に騙された場合、弁護士に相談することも一つの有効な対処法です。

弁護士は法的な専門知識を持ち、被害者が取るべき適切な法的手続きについてのアドバイスを提供します。

特に、大規模な詐欺や複雑な法的問題が絡む場合、弁護士の助言は非常に価値があります。弁護士は被害者の権利を守るために、法的措置を講じることができ、詐欺師に対する訴訟の準備や交渉のサポートを行います。

詐欺事件においては、法的な側面が複雑であることが多く、専門的な知識と経験を持つ弁護士のアドバイスが非常に役立ちます。

国民生活センターに相談する

国民生活センターは、消費者の権利を守るための公的な相談機関です。

支援金詐欺に遭った場合、国民生活センターに相談することで、詐欺に関する専門的なアドバイスや対応策を得ることができます。

消費者ホットライン 国民生活センター 平日バックアップ相談
受付時間 10-12時、13-16時

(土日祝日、年末年始を除く)

10-12時、13-16時

(土日祝日、年末年始を除く)

電話番号 188 03-3446-1623

詳しくは国民生活センター公式サイト「全国の消費生活センター等」をご覧ください。

支援金詐欺に似た詐欺

支援金詐欺に似た詐欺は以下の通りです。

最後まで読めば支援金詐欺に似た詐欺がわかり、似たような詐欺にも注意できるでしょう。

助成金詐欺

助成金詐欺は、支援金詐欺に非常に似ていますが、ここでは助成金や補助金を餌にしています。

この種の詐欺では、詐欺師は個人や企業に対し、政府や民間の補助金・助成金を受け取ることができると偽ります。

通常、詐欺師は申請手続きの簡易さや確実な承認を約束し、申請手数料や事務手続き費用などの名目で前払いを要求します。

被害者がこれらの費用を支払っても、約束された助成金は存在せず、また返金もされません。

この詐欺は、特に経済的に困難な状況にある個人や中小企業を狙い、彼らの希望や必要性を悪用します。

給付金詐欺

給付金詐欺は、政府やその他の組織からの給付金を受け取ることができるという虚偽の約束に基づいています。

詐欺師は、災害救助、失業支援、健康保険、年金など、様々な種類の給付金を装うことがあります。

被害者に給付金を受け取るための手数料や登録料を要求し、これを支払うと、給付金を受け取ることができると偽ります。

しかし、実際には給付金は存在せず、被害者は支払った金銭を失います。

支援金詐欺に関するよくある質問

支援金詐欺に関するよくある質問は以下の通りです。

最後まで読めばより支援金詐欺に関する知識を深められるでしょう。

支援金詐欺サイトを見分ける方法はある?

支援金詐欺サイトを見分けるためには、いくつかの兆候に注意を払うことが重要です。

まず、公式機関や信頼できるソースからの直接的な案内やリンクがない場合は疑わしいと考えるべきです。

例えば、URLが公式サイトとは異なる拡張子や異なる綴りを含むことがあります。

また、サイトが安全な接続(https)を使用していない場合も、詐欺の可能性が高いです。

サイト上での過度な緊急性を訴える言葉使いや、個人情報や金銭の前払いを要求する行為も、詐欺のサインです。

ビットキャッシュを使った詐欺は?

ビットキャッシュを使った詐欺は、デジタル通貨の匿名性と追跡困難性を利用した詐欺です。

この詐欺では、詐欺師はビットコインや他の暗号通貨での支払いを要求します。

彼らは投資の機会、架空の支援金、または賞金などを提供すると主張し、これらを受け取るためにはビットキャッシュでの前払いが必要だと偽ります。

暗号通貨を使った取引は追跡が困難であり、一度送金されると取り戻すことが非常に難しいです。

このため、詐欺師は迅速に資金を盗み、被害者に戻すことなく逃走します。

ビットキャッシュを使った詐欺に対処するには、不審な投資案件や支援金の提案に懐疑的であること、そして未知の人物や組織へのビットキャッシュでの支払いは避けることが重要です。

特別救済委員会とは何ですか?

「特別救済委員会」という用語は、支援金詐欺の文脈でしばしば使われる架空の機関です。

詐欺師は、このような公式機関を装い、被害者に対して支援金や補助金の提供を偽ります。

特別救済委員会を名乗る詐欺師は、通常、緊急性を強調し、被害者が特定の行動を取るよう促します。

合法的な支援金や補助金は、正規の政府機関や公的な機関から直接提供されるものであり、不審な第三者組織を通じて行われることはほとんどありません。

このため、特別救済委員会を名乗る人物からの連絡や要求に対しては、公的な機関に直接確認を取るか、信頼できる情報源を通じて情報の真偽を検証することが重要です。

まとめ:支援金詐欺に騙されてしまった場合は弁護士への相談がおすすめ

支援金詐欺に騙されないためには、支援金詐欺の手口をおさえた上で支援金を募るサイトのリンクを確認したり、第三者を経由して寄付をしないなど、注意を払うことが重要です。

しかし、万が一支援金詐欺に引っかかってしまった場合は直ちに当記事で紹介した相談先に連絡を取ることが大切です。

国民生活センター・警察などの行政が用意する機関の他に、弁護士への相談することも返金の可能性を高めるためには有効です。

詐欺の被害に万が一遭ってしまった人は一度弁護士へ相談してみてください。

騙された時のおすすめ相談先

ファーマ

投資詐欺に直面しているなら、専門家のサポートが不可欠です。ファーマ法律事務所では、経験豊かな弁護士があなたの疑問や不安に無料で答えます。LINEを通じた気軽な無料相談もご利用いただけます。
▶ファーマ法律事務所の公式LINEはこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

15 − 6 =